住まいと家族の関係

住まいを家族に合わせる

トップ / 住まいを家族に合わせる

家族のライフスタイルと住まい

住まいの立地条件や水準、機能などは、そこで生活する人の家族の条件や住む人の生活スタイルによって、かなり違ってきます。求められる機能はその家族によって、例えば子どもがいるいない、親世帯と同居している、高齢者だけ、などで異なります。子どもが出来れば、さらに広い家に住みなおしたり、夫婦だけになったら空き部屋になったところを趣味の部屋に作り変えたりしていきます。また、平日は仕事や通学に便利な都心のマンション、週末は家族で郊外の静かな場所で自然を楽しもうとする人もいます。また、転勤によって引越しが多く、持ち家よりも賃貸がいいという人もいます。自分達のライフスタイルにに応じた住まいをつくり、暮らしていくのがいいでしょう。

住まいにおける家族とは

住まいにおける家族は、新築時にはある程度の人数は把握している場合が多いと思われますが、将来的には変化する場合もあります。子供部屋の場合には少し広めの部屋を作っておいて、その真ん中どころに隔壁を付けられるように下地を作り、子供が増えて大きくなったら間仕切り壁を設けて仕切ることもあります。住まいにおいて途中から犬や猫、その他のペットを飼うことになることもあるので、内装や設備に配慮することもあります。又、途中から親の世代が同居するような場合には人数が増えるので、増改築やそれなりの対応が必要となって来ます。

© Copyright 住まいを買い替えを考える. All rights reserved.